【おじさん×女子高生なのに爽やかラブストーリー】『恋は雨上がりのように』(眉月じゅん)ネタバレ・レビュー

恋は雨上がりのように ネタバレ 漫画
スポンサーリンク

感情表現が苦手なクールな美少女、橘あきら、17歳。

そんな彼女がひっそりと恋したのは、45歳のおじさん!?

今回は、この漫画がすごいランクイン、アニメ化、実写映画化と躍進を遂げた眉月じゅん氏の『恋は雨上がりのように』を紹介します。

▼無料立読みはこちら▼

恋は雨上がりのように

スポンサーリンク

『恋は雨上がりのように』のあらすじ※ネタばれ含む

主人公・橘あきら17歳。

クールビューティで無口な彼女は、授業が終わると部活動する生徒を横目に今日もバイト先へ向かう。

そこにいるのは、口うるさいパートのおばさん、きさくなキッチンのイケメン、いつもの仲間たち。

でもあきらがひっそりと恋心を寄せる相手は、雇われ店長の冴えないおじさん!?

この恋は実るの?というか、おじさんは女子高生に手を出しちゃうの!?

世代を超えた恋愛の行く先は…!?

▼無料立読みはこちら▼

恋は雨上がりのように

スポンサーリンク

『恋は雨上がりのように』のみどころ①クールな美少女のまっすぐな視線に読者も釘付け!

ツンデレ・クールビューティ・美少女、なんていうと、どうしても今のご時世萌えキャラを連想してしまいがちですが、『恋は雨上がりのように』で描かれる主人公・あきらの持つ”クールビューティ”は、世代を選ばない普遍的な美少女として描かれています。

恋は雨上がりのように』を知らない方に2015年の漫画ということを伏せて、1980年代の漫画だと伝えてもしっくりくる作品かもしれません。

物語は主人公・あきらの言葉少なく美しい情景とともに進んでいきます。
大胆なコマ使いであきらの挙動一つ一つがとても綺麗な作画で描かれているのが印象的です。

あきらは感情表現が苦手で、表情も硬い女の子なのですが、
バイト先の雇われ店長(さえないおじさん)の前で思いがけないことがあると、
一変して真っ赤になったり、ムキになったり、表情がくるくると変化します。

そして表情ひとつひとつがとても丁寧にに描かれており、紙面越しとはいえあきらの表情に思わずドキッとしてしまいます!

恋は雨上がりのように』は文字量の多い説明的な漫画とは真逆で、本作は絵や表情ででドンと読者を説得させにくる作品です。

スポンサーリンク

『恋は雨上がりのように』のみどころ②普通ならありえない年の差設定も…しっくりくる世界観!

恋は雨上がりのように』は美少女が猛烈アタックしておじさんもデレデレ…というラッキースケベ物語ではありません。

オラオラ系イケオジに美少女が狙われるラブロマンスでもありません。

恋は雨上がりのように』はどちらかというと、普段の日常の中でたまにふとしたイベントがおこるお話です。

大胆な登場人物もいませんし、舞台が急にかわることもありません。

そんな日常の中で、ふとしたときに「あなたが好きです」という告白イベントが発生して、読者もトキメキが爆発してしまうのです。

ゆっくりと丁寧に日常や過去のエピソードが描かれていきますので、店長とあきらの恋愛も「トンデモ展開」ではなく不思議としっくりはまってしまうのが『恋は雨上がりのように』の魅力です。

スポンサーリンク

『恋は雨上がりのように』 ネタバレ・レビュー まとめ

恋は雨上がりのように』は作品タイトルのごとく、雨上がりのように爽やかな作品となっております。

淡々と物語が進んでいきますので、読み進めていくと手が止まらなくなりますよ。

さらっと爽やかな読後感を味わってみたい方にはオススメの作品です!

▼無料立読みはこちら▼

恋は雨上がりのように

スポンサーリンク

『恋は雨上がりのように』 基本情報

作者:眉月じゅん
雑誌:ビッグコミックスピリッツ
連載:連載終了
巻数:全10巻
その他関連作品:特になし

▼無料立読みはこちら▼

恋は雨上がりのように

スポンサーリンク

オススメ漫画ネタバレ・レビュー

完結しているオススメサッカー漫画ベスト5

【個性と個性のぶつかり合い】 漫画「僕のヒーローアカデミア」(堀越耕平)レビュー

【細胞レベルで擬人化しちゃった!?】「はたらく細胞」 ネタバレ・レビュー

コメント