ブログ初心者がGoogleアナリティクスで見るべき4つのこと

ブログ Googleアナリティクス ブログ 初心者
スポンサーリンク

こんにちは、実は仕事でも使っているので、Googleアナリティクスを7~8年は使っているおかもん(@okamon_happy1)です。

Googleアナリティクスはまあまあ使える方だと思いますので、今日はブログ初心者がGoogleアナリティクスをどう使うべきかについて書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

ブログ初心者がGoogleアナリティクスで見るべきポイントは4つ

アナリティクス

最初にズバリ結論を書くと、ブログ初心者はこの3つを見ていれば最初は大丈夫です!

  1. 訪問ユーザー数
  2. チャネル別流入
  3. 検索クエリ
  4. ランディングページ

簡単に言えば、どれくらい来てて、来てるルートは何が多いのか?

後は検索でどんなキーワードだと自分のブログが引っかかってるのかを知っていれば大丈夫です。

詳細を説明していきます。

ちなみに、アドセンスの規約でキャプチャが載せれないので、Googleアナリティクスを開きながら読んで貰えるとわかりやすいです。

 

スポンサーリンク

1.訪問ユーザー数

訪問ユーザー数

訪問ユーザー数に関しては増えた減ったで一喜一憂する必要は全くありません。

ブログ初心者の場合、見て欲しいのはある一定数をこえたのかどうかです。

一定数とは私の中での基準ですが、1日に30人以上の訪問者が来たのかどうか?更に言えば、検索経由でコンスタントに来るようになったのかどうかです。

理由としてはGoogleアナリティクスを活用する為には検索エンジンにブログがある程度認知されている必要があるので、その基準に到達しているかを見るという点で訪問ユーザー数を見るべきと考えています。

逆を言えば、訪問ユーザー数がコンスタントに30人くらいくるまでは訪問ユーザー数だけチェックしていれば良くて、それ以外は見てもあまり意味がないと考えています。

 

スポンサーリンク

2.チャネル別流入

ブログのデータ

チャネル別流入はGoogleアナリティクスの左ナビから下記を選択すると見ることが出来ます。

集客→すべてのトラフィック→チャネル

チャネル別流入を見るべき一番の理由は検索経由でどれくらいユーザーが来ているのかを知るためです。

チャネル別流入の「Organic Search」が検索流入になりますので、その数値を確認するのがメインになります。

1の「訪問ユーザー数」でも書きましたが、Googleアナリティクスのメイン分析は検索流入ですので、ここのボリュームがどれくらいあるかは非常に重要です。

一応、それ以外にも「Direct」はブックマークやメルマガ(初心者はほぼブックマーク)、「Social」はツイッター・フェイスブック、「Referral」は外部サイト(誰かのブログで紹介された等)、

といった感じでどんな経路でブログにユーザーが来ているのかがわかるのでブログの現状把握という点では見ておいて損はないかと思います。

 

スポンサーリンク

3.検索クエリ

検索クエリ

検索クエリはGoogleアナリティクスの左ナビから下記を選択すると見ることが出来ます。

集客→サーチコンソール→検索クエリ

検索クエリで見るべきポイントは3つ

  • クリック数
  • 表示回数
  • 平均掲載順位

各項目について説明します。

クリック数

まずは検索経由でどんなキーワードでサイトに来ているのかをチェックしましょう。

最初は微々たる数値ですが、どんなキーワードでユーザーが来ているかを知ることで今後のブログ運用に活かせます。

見るべきポイントはどのキーワードで何件クリックがあったかではなく、どんなキーワード群でのクリックが多いのかという塊を見つけることです。

例えば、私のブログではゲームやSEO、アウトプット関連のキーワードで検索流入しているなとかチェックしています。

この塊を知ることが出来れば、自分のブログの強みがわかりますので、ブログの伸ばしていくべき方向性を決める上で重要な指標になります。

 

表示回数

クリック数の次に見るべきは表示回数です。表示回数は検索された時に自分のブログが表示された回数になります。

表示回数は凄く大切で、クリックがなかったとしても表示が多ければ対策をする手がかりになります。

簡単に言えば、表示回数が多いのにクリックされていないと言うことは、タイトルもしくは説明文がキーワードにマッチしていない可能性があるということです。

つまり、表示回数が多くてクリックが少ないキーワードは対策すればユーザーが訪れてくれるお宝キーワードになる可能性があります

表示回数が多くてクリック数が少ないキーワードについては記事タイトルと説明文のリライトを行うと効果的な誘導が出来ます!

 

平均掲載順位

最後は平均掲載順位です。

こちらはクリック数と合わせて見ると効果的です。

クリック数がそれなりにあるのに平均掲載順位が低い記事はお宝記事の可能性があります。

タイトルや説明文は魅力的なのですが、内容が薄くて順位が低いだけの可能性があります。

対策としてはリライトして記事のボリュームを増やすこと、他の記事からリンクを付けること等を行うと検索順位が上がり、ユーザーがクリックしてくれる可能性が上がります。

 

スポンサーリンク

4.ランディングページ

集客→サーチコンソール→ランディングページ

ここで検索エンジン経由でアクセス数が多いページがわかります。

更にクリックするとどんなキーワードで来ているのかがわかります。

キーワードの順位やキーワード起点でデータを分析しがちですが、実際にユーザーが来ているページがわかるので、こちらを元にユーザーがたくさん来ているページを分析してリライトするのも良いです。

特にどんなキーワードで来ているかを見て、順位が低いのにユーザーが来ているキーワードを強化する形でリライトをするとアクセスを更に増やすことが出来ます。

 

スポンサーリンク

後書き

Googleアナリティクスはブログ運営する上では非常に重要なツールですが、見ることが出来る範囲が広すぎて活用が難しいです。

しかし、要点を絞って見ることでブログ改善に直ぐに繋がることも事実なので、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

私も更に上手く使えるように考えていきますので、また、良い使い方があったら紹介したいと思います。

 

▼関連記事はこちら▼
[aside]あわせて読みたい
自分の一番詳しいことでSEO対策の記事を作ると良い3つの理由
[/aside]

コメント