【人間と幽霊の狂気の純愛】「青野くんに触りたいから死にたい」(椎名うみ) ネタバレ・レビュー

青野くんに触りたいから死にたい ネタバレ 漫画
スポンサーリンク

内気で少し変わり者な主人公「優里」は、隣のクラスの「青野くん」に恋をしている。

告白をし、晴れて青野くんと恋人同士となった優里。

初めての彼氏と幸せいっぱいの日々を送っていたが、ある日突然、青野くんが交通事故で死んでしまう。

絶望する優里の前に、青野くんが幽霊となって現れて――。

この作品は、眩しい純愛物語で、よく練られたミステリーで、ひどく不気味なホラーで、人間の醜さとうつくしさを描いた濃厚なヒューマンドラマである。

webの1話試し読みで即30万PVを記録した注目の作品「青野くんに触りたいから死にたい」を紹介したい。

▼無料立読みはこちら▼

青野くんに触りたいから死にたい

スポンサーリンク

「青野くんに触りたいから死にたい」あらすじ

君に触れるなら、死んでもいいよ。これがわたしの愛なんだ。アフタヌーン公式サイト「モアイ」掲載の1話が300000PV突破! 話題の「青野くん」がついに単行本化! 天然少女・優里ちゃんと、その彼氏・青野くん。ごく普通のお付き合いをしていたふたりだが、ある日突然、青野くんが「いなくなって」しまう……。絶対に結ばれないし、触れ合えないふたりの、でたらめで切実すぎるラブ・ストーリー。

引用元:青野くんに触りたいから死にたい(ebookjapan)

▼無料立読みはこちら▼

青野くんに触りたいから死にたい

スポンサーリンク

「青野くんに触りたいから死にたい」の魅力①眩しいほどにピュアな主人公と、登場人物の生々しさ

「青野くんは幽霊でわたしは生きてるから君に触れないんでしょう!?

だったらわたしが死ぬしかないじゃない 君は生き返れないんだから!!」

後追い自殺をしようとする自分を宥める青野くんに、優里が放った一言である。

なんてストレートで飾りのない言葉だろうか。

主人公の優里は、どこまでもまっすぐで、一生懸命で、眩しいくらいにピュアな高校二年生だ。

優里と青野くんは枕越しに抱き合ったり、一緒にピアノを弾いたりして絆を深めていくのだが、次第にこれが健全な関係ではないことを悟り始める。

正しくあろうという思いと、相手を好きであるが故の利己的な感情の狭間でもがく二人に胸を締め付けられる。

やがて二人は、青野くんの親友やホラー好きのクラスメイトの手助けを得て、自分たちの関係と向き合っていく。

この親友とクラスメイトも個性が強く、重要なキャラクターだ。

不器用ながらも必死に生きる四人の生き様はとてもうつくしい。

そしてその穢れない子供たちと対比させるかのように、醜い大人の姿が克明に描かれている。

作者は一体どんな人生を送ってきたのだろうと考えずにはいられない、生々しい「生」を感じる。

青野くんに触りたいから死にたい」はそんな作品である。

スポンサーリンク

「青野くんに触りたいから死にたい」の魅力②先の展開が予測できない恐怖と快感!作者にとことん翻弄される漫画体験

青野くんに触りたいから死にたい」は、まっさらな純愛に心を打たれていると突然凄まじく不気味なホラー展開になったり、おぞましい描写にドキドキしていると意味不明なタイミングで鋭いギャグが飛んできたりと、読者の都合など関係なしに物語が進んでいく。

多感な青春時代に味わった心の揺れ動き。

ジャパニーズホラー特有のじっとりとした恐怖。

「ここは笑うところなのか?」とフリーズしてしまうようなシュールなユーモア。

作者は本来相容れないはずのものを容赦なく織り交ぜて繰り出してくる。

はじめは困惑するかもしれないが、唯一無二の世界に翻弄される体験は病みつきになってしまうことだろう。

スポンサーリンク

「青野くんに触りたいから死にたい」の魅力③重厚なミステリーのような謎と伏線

一般的に、ホラーには理不尽な展開がつきものである。

理由もなくひどい目に遭わされ、なんの説明もなく物語が終わる作品も多い。

私が「青野くんに触りたいから死にたい」をホラーでもありミステリーでもあると感じる所以は、様々な謎が着実に解き明かされていくからだ。

読み進めていくと、破天荒な作品に見えてしっかりと伏線が積み上げられていたことに驚かれることだろう。

青野くんに触りたいから死にたい」はホラーとしてだけでなく、誠実なミステリーとしても楽しんで頂ければ幸いである。

スポンサーリンク

「青野くんに触りたいから死にたい」ネタバレ・レビュー まとめ

単行本の帯に、「青野くんに触りたいから死にたい」の核をすべて表すかのような綾辻行人氏のコメントが記載されていたので引用させて頂く。

「せつなくて可笑しくて、素敵に狂っている。不思議にエロティックで、不穏に謎めいている。心地よくロジカルで、それだけにとても怖い。」

この言葉の通り、「青野くんに触りたいから死にたい」には一言では表現できない不思議な魅力が詰まっている。

たくさんの漫画を読まれてきた方は驚嘆し、あまり漫画を読んだことがない方は漫画という娯楽への印象が変わるのではないだろうか。

痛々しいくらいに切実なふたりの行く先を、ぜひあなたにも見届けて頂きたい。

▼無料立読みはこちら▼

青野くんに触りたいから死にたい

スポンサーリンク

「青野くんに触りたいから死にたい」の基本情報

作者:椎名うみ

雑誌:アフタヌーン

巻数:連載中

その他関連作品:

▼無料立読みはこちら▼

青野くんに触りたいから死にたい

スポンサーリンク

オススメ漫画ネタバレ・レビュー

【伏線だらけ!超傑作ダークファンタジー!】『約束のネバーランド』 ネタバレ・レビュー

【個性と個性のぶつかり合い】 漫画「僕のヒーローアカデミア」(堀越耕平)レビュー

【細胞レベルで擬人化しちゃった!?】「はたらく細胞」 ネタバレ・レビュー

コメント