【野生と理性】動物たちの葛藤を描く青春群青譚 『BEASTARS』(板垣巴留) ネタバレ・レビュー

BEASTARS ネタバレ 漫画
スポンサーリンク

2018年の漫画を語る上で、外せない作品がある。

漫画ファンの多くが注目する「このマンガがすごい!2018」オトコ編第2位に輝いたことを始め、手塚治虫文化賞・新生賞、文化庁メディア芸術祭賞・新人賞など、数々の権威ある賞を「総ナメ」してしまった漫画『BEASTARS』(板垣巴留だ。

これだけ賞を獲ってしまっては読まずにはいられない。

なぜならば、受賞に値する理由が必ずそこにあるはずだからである。

今回は、多くの漫画ファンの読者たちを唸らせた『BEASTARS』の魅力をご紹介したい。

▼無料立読みはこちら▼

BEASTARS

スポンサーリンク

「BEASTARS」(板垣巴留)あらすじ

肉食獣と草食獣が共存する世界。そこには、希望も恋も不安もいっぱいあるんだ。

チェリートン学園の演劇部員レゴシは、狼なのにとっても繊細。そんな彼が多くの動物たちと青春していく動物群像劇が始まる!!

出典:BEASTARS(ebookjapan)

タイトル、そしてあらすじから分かるように、この物語は動物たちが主役の世界を描いている。

舞台となる全寮制の学校・チェリートン学園では、イヌやサイ、シマウマやヒツジ…など多種多様な動物たちが共存しており、それだけですでに華やかで個性的なのだ。

そんな中、人一倍…いや動物一倍、地味で繊細でメンヘラなヤツがいる。

しかも(ハイイロ)オオカミで。

そいつが、この物語の主人公・レゴシ。

食殺事件が起きた学園で、疑心暗鬼になってゆく動物たち。

BEASTARS』は、孤独な「一匹狼」レゴシの視点から、そんな動物社会にガシッと切り込んでゆく重厚な物語である。

▼無料立読みはこちら▼

BEASTARS

スポンサーリンク

『BEASTARS』の魅力①「多様性」を考える、濃厚な「ヒューマンドラマ」

まず初めに、この『BEASTARS』という漫画は「動物」が主役でありながら、その内容は非常に繊細な「ヒューマンドラマ」であることを伝えたい。

この世界の動物は主に「肉食」か「草食」かの2種類に分けられ、学園内で食殺事件が起こって以降その2種間を隔てる溝は深く絶対的なものとなってしまう。

草食獣の誰もが肉食獣に対して疑心暗鬼となり、肉食獣はやり場のない虚無感を抱える。

レゴシも死んだ友・アルパカのテムが残した手紙を、同じアルパカのエルスに渡そうとしただけなのに、肉食獣であるがゆえに怯えられてしまうのだ。

多様な動物たちが共存する中で、様々な個性や人格を「肉食」か「草食」かの2種類で捉えようとすること自体の危険性や暴力性は、人間社会にも当てはめられる。

さらにレゴシは、学園を混乱に陥れた食殺事件を心底憎みながらも、小動物・ウサギを前に肉食獣オオカミとしての本能が疼いてしまう。

初めて自分自身の弱さや本能と向き合い、理性や理想像との間で葛藤する。

きっと我々人間も思春期の学園生活において、同じように自己の弱さと向き合うシーンはあったはずだ。

(食殺事件のような大事件的な出来事は起こらなかったにせよ。)

BEASTARS』が描かんとするのは、そんな壮大な葛藤であり、人間社会にも共通する永遠のテーマとも言えるかもしれない。

スポンサーリンク

『BEASTARS』の魅力②擬人化表現がまだこんなにあったんだ

漫画に限らずとも動物を擬人化する類の作品は数多く存在する。

取り立てて『BEASTARS』とよく引き合いに出されたのは、ディズニー映画『ズートピア』。

実際の人間のように、動物たちが種の垣根を越えて秩序ある社会を築き上げていたとしたら一体どんな風になるだろうか、と想像力を働かせてつくられた名作だ。

「動物を擬人化した社会」という点においては、『BEASTARS』は、『ズートピア』のような他の作品の世界観と大して違わない。

「肉食獣」と「草食獣」が対立構造にあることや、その種の隔たりを越えた恋や権力など、大枠で描いている事柄にも共通項が多い。

ただ『BEASTARS』のすごいところは、この大枠だけにとどまらず、非常に細かい「この動物が擬人化したら?」ネタが豊富に散りばめられている点である。

ある意味、出し尽くされてしまっていてもおかしくない設定の中から、繊細な種ごとの特徴を掴み、キャラクターにユーモアたっぷりに落とし込んでいる。

動物ネタってまだまだこんなにあるのか…と読みながら感心してしまう細かさが魅力なのだ。

また、我々人間界にある商品やアイドルグループの名前をもじったものも、作中にしれっと登場していたりする。

コマを隅々まで眺め、小さなネタを見つけて楽しむのも、また面白い。

スポンサーリンク

『BEASTARS』の魅力③漫画とアートの境界にある

そして何と言っても、『BEASTARS』の魅力を語る上で「絵」に言及せずにはいられない。

漫画の絵はそれぞれ読者にも好みがあるかと思うが、『BEASTARS』は何だか「漫画」と「アート」の境界線上にあるようで不思議と魅せられてしまうタッチなのだ。

正直、コマの連続性や台詞を抜きにしてみても、1枚の芸術として成立してしまうアート性に満ちている。

新鮮なタッチでSNS時代において、「映える」漫画である。

コマ割も斬新なものが多く、絵の印象をさらに引き立てる大胆なものが目立つ。

これも読者の心を掴んだ大きな理由の1つなのではないだろうか。

スポンサーリンク

『BEASTARS』 ネタバレ・レビューまとめ

さて、漫画『BEASTARS』の魅力を大きく3つに分けて紹介してきたが、いかがだろうか。

あえて言葉にしてみると、この漫画の伝えんとするメッセージの解釈や、その問いかけに対する自分自身の答えを考えあぐねて、肩に力が入ってしまいそうなのだが、

純粋に1つの物語として、ドラマ性あり、サスペンス色あり、で非常に面白い。

十分リラックスして楽しめるエンターテイメントである。

BEASTARS』、ぜひ一度手にとって、その世界観を覗いてみて欲しい。

▼無料立読みはこちら▼

BEASTARS

スポンサーリンク

『BEASTARS』 基本情報

作者:板垣巴留
雑誌:週刊少年チャンピオン
巻数:連載中
その他関連作品:特になし

▼無料立読みはこちら▼

BEASTARS

スポンサーリンク

オススメ漫画ネタバレ・レビュー

完結しているオススメサッカー漫画ベスト5

【個性と個性のぶつかり合い】 漫画「僕のヒーローアカデミア」(堀越耕平)レビュー

【細胞レベルで擬人化しちゃった!?】「はたらく細胞」 ネタバレ・レビュー

コメント