【監督が主人公のサッカー漫画!?】『GIANT KILLING』(ツジトモ 原案・取材協力:綱本将也) ネタバレ・レビュー

GIANT KILLING ネタバレ 漫画
スポンサーリンク

今までのサッカー漫画と言えば、ワールドカップで優勝したい。高校サッカーで優勝したい。Jリーグから世界へ羽ばたいて活躍する。

と言った目標に向かう選手が主人公の作品がほぼ全てと言っても過言ではありません。

そんな中、今日は監督が主人公で「GIANT KILLING」という言葉自体を社会に定着させたといっても過言ではない人気サッカー漫画「GIANT KILLING」を紹介します。

尚、本記事はオススメ漫画レビュー掲載記事を基にリライトした記事になります。

※掲載終了に伴いこちらに記事を移転させました

▼2/5まで1~3巻無料キャンペーン中!▼

GIANT KILLING

スポンサーリンク

「GIANT KILLING」 あらすじ

本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる!達海猛(たつみ・たけし)、35歳、イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANTKILLING(ジャイアント・キリング)!!東京下町の弱小プロサッカークラブ、ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の監督に就任した達海が、意表をつく戦略とカリスマ性で、負け癖のついてしまった選手、スタッフ、そしてサポーターたちにパワーをくれる!『U-31』原作者と俊英がタッグを組んだ、これがフットボール漫画の新スタンダード!!

引用元:GIANT KILLING(ebookjapan)

スポンサーリンク

「GIANT KILLING」の魅力①大物喰いの大番狂わせを常に狙う姿勢

この作品の魅力はタイトルにもあるように、大物喰いの大番狂わせ=GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)を常に主人公の達海監督が狙う姿勢・采配です。

ビジネス書も出ているように弱者の兵法が盛りだくさんです。

大物食いをするには何をするべきか、戦術的な落とし込みから時にはマインドゲームまであらゆることを使って勝ちにいく考え方は非常に面白いです。

そして、勉強になります!

スポンサーリンク

「GIANT KILLING」の魅力②主人公「達海 猛」

GIANT KILLING」における最大の魅力は主人公「達海 猛」のキャラクターにあるかもしれないです。

現役時代は背番号7でゲームメイクのセンスと得点能力を兼ね備えたチームの中心選手。

日本人サッカーファンの夢を背負って海外で活躍していた中田英寿選手を彷彿させるようなプレイスタイルです。

しかし、海外挑戦の結果、26歳という若さで再起不能の重傷を負い引退。

そんな現役時代ということもあり、達海監督自身から

「俺だってもっと選手でいたかった。ゲームももっと出たかったし、ゴールももっと決めたかった。ワールドカップにだって出てみたかった。それと、タイトルもとりたかった」

「俺もこの足も、どんな場面でも全力を出し尽くしてきた。そのことで間違ったと思った日は一日だってない。それで壊れたんなら仕方ない。だから後悔はしてない」

という今までの監督像にはない熱いセリフがあったりと非常に魅力的なキャラクターを持っています。

スポンサーリンク

「GIANT KILLING」 ネタバレ・レビューまとめ

GIANT KILLING」は弱者が強者を倒すというシチュエーションを通じてサッカー監督の魅力を知ることが出来る素晴らしい漫画です。

サッカー好きだけど読んだことないという人は是非読んでみてください!

▼2/5まで1~3巻無料キャンペーン中!▼

GIANT KILLING

スポンサーリンク

「GIANT KILLING」 基本情報

作者:ツジトモ 原案・取材協力:綱本将也

雑誌:モーニング

巻数:連載中

その他関連作品:

▼2/5まで1~3巻無料キャンペーン中!▼

GIANT KILLING

スポンサーリンク

オススメ関連記事

完結しているオススメサッカー漫画ベスト5

完結しているオススメサッカー漫画①Jドリーム

完結しているオススメサッカー漫画④キャプテン翼(高橋陽一)全21巻

スポンサーリンク

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

コメント