完結しているオススメサッカー漫画①Jドリーム 全7巻(ネタバレ注意)

Jドリーム サッカー漫画
スポンサーリンク

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)こと、おかもん(@okamon_happy1)です。

ちょっと、今日はWCCFとは関係ないですが、サッカー漫画を紹介しようと思います。

紹介するのはJリーグ開幕直後にJリーグと日本代表を題材にしたサッカー漫画「Jドリーム」です。

Jドリームは「Jドリーム」「Jドリーム(飛翔編)」「Jドリーム(完全燃焼編)」と3つあるのですが、今回は無印の「Jドリーム」について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

Jドリーム 基本情報

作者: 塀内夏子
雑誌: 週刊少年マガジン
連載: 完結済
巻数: 7巻(単行本)

 

スポンサーリンク

Jドリーム ネタバレ・あらすじ

いよいよ始まるフランスW杯アジア予選。前回あと1歩のところで涙を飲んだドーハ組のベテラン、年代別とはいえ世界を制したワールドユース組、そして新たに加わった新戦力。厳しい最終予選の中で、レギュラー争い怪我人やスランプ、思わぬアクシデントが次々と続出しながらも、日本がW杯初出場を掴むまでの姿が描かれる。作中では特に、ベテランの精神力がチームを助けながらも若手選手に世代交代をしていく物語が、ベテラン側、若手側それぞれの心情とともに感動的に描かれている。

Jドリーム – Wikipedia

 

スポンサーリンク

Jドリームの凄いところ①実名選手や日本代表ユニフォームが出てくる

Jドリーム 実名 代表ユニフォーム

連載していたのが20年以上前ということで、今ほど許諾とかうるさくなかったのかもしれないですが、Jリーグのチーム名から日本代表ユニフォーム、海外のクラブチームとか選手名までガンガン実名が出てきます。

ユベントスとか普通にユルゲン・コーラーとかメラーとか実名で出ますからね。

一応、日本人の選手名だけ、あの選手がモデルだろうなと丸分かりながら名前が違います。(三船=三浦カズ、滝沢=北沢等)

 

スポンサーリンク

Jドリームの凄いところ②日本サッカー界の未来とリンクしてる

Jドリーム セリエA

Jドリームの連載がスタートしたのは1993年、Jリーグ開幕年、まだ、ワールドカップの扉が重く閉ざされていた時代です。

そんな時代に16歳の少年、赤星鷹を主人公にして、ワールドカップ出場への扉を開く先導役に設定。(出場を決める設定だった、理由は後述)

若きエースがトップ下でチームを牽引してワールドカップの扉を開く、それってJドリームの4年後、まるで中田英寿が扉を開くのを見抜いているかのようですよね。

更にはエースの北村はセリエAに移籍とカズがセリエAに移籍する未来を予言しているかのように展開しています。

こんな感じで連載時から数年後の未来を予想するようなことがたくさん書いてあります。

 

スポンサーリンク

Jドリームの凄いところ③現実の結果を見て結末を書き直した

Jドリーム ドーハの悲劇

実は最初の構想ではワールドカップ初出場を決めるという前提でストーリーが組まれていました。

Jドリームはアメリカワールドカップ最終予選の現実にリンクする形でストーリーが出来ていて、当然ながらハッピーエンドを想定していました。

しかし、現実にはドーハの悲劇という最終戦のロスタイムに失点してワールドカップ出場を逃すということがありました。

その結果、作品自体のエンディングもワールドカップ出場を逃すというある意味バッドエンドな終わり方になっています。

ちなみに、本当に最初はワールドカップ出場を決めるというハッピーエンドを書いていたというのは著者の塀内夏子さんがあとがきにて書いていました。

 

スポンサーリンク

完結しているオススメサッカー漫画「Jドリーム」まとめ

色々と「Jドリーム」の凄いところを書きましたが、やっぱり1990年代のサッカー漫画は熱くて良いですね。

ワールドカップ出れなくて当たり前、夢を叶えるみたいな設定が熱くて本当に良いです。

改めて面白いと感じました、30代の人は特に胸が熱くなると思いますのでオススメです。

 

期間限定ですが、5/13まで「Jドリーム」全巻がkindleで無料で読めます!

 

スポンサーリンク

オススメ関連記事

[aside]オススメ
完結しているオススメサッカー漫画ベスト5
[/aside]

[aside]オススメ
完結しているオススメサッカー漫画②俺たちのフィールド 全34巻(ネタバレ注意)
[/aside]

 

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら

コメント