【波乱万丈・泣き笑い】『かくかくしかじか』(東村アキコ) ネタバレ・レビュー

かくかくしかじか ネタバレ 漫画
スポンサーリンク

漫画家・東村アキコといえば、『東京タラレバ娘』や『海月姫』などのヒット作を生み出す人気漫画家である。

しかし、そんな彼女の漫画家人生の軌跡を綴った漫画『かくかくしかじかは、意外と知らない方も多いのではないだろうか。

この作品、読んでない人はぜひ読んで頂きたい。

笑って泣けて胸がじんと熱くなる感動物語なのだ。

2015年にはマンガ大賞にも輝いた名作である。

▼無料立読みはこちら▼

かくかくしかじか

スポンサーリンク

『かくかくしかじか』 あらすじ

自分は絵がうまい。本気でうぬぼれていた林明子(高3)は竹刀を持った絵画教師・日高先生に罵られ…!?少女まんが家を夢みたあの頃を描くドラマチック・メモリーズ!

参照:かくかくしかじか(ebookjapan)

かくかくしかじか』はいわゆるエッセイ漫画であり、多少のフィクションはあれど、ほとんどが漫画家・東村アキコが歩んできた道のりそのものを描いている。

そして、この漫画には彼女の漫画家道(というより人生)に多大な影響を与えた恩師が登場する。

彼女とこの恩師との掛け合いが絶妙に面白く、そして2人の師弟愛に涙してしまう。

かくかくしかじか』は、漫画家・東村アキコと、その恩師との物語だ。

▼無料立読みはこちら▼

かくかくしかじか

スポンサーリンク

『かくかくしかじか』の魅力① 漫画家を目指す者のバイブル的エッセイ!

かくかくしかじか』は、高校の美術部で絵を描くのが普通の子よりちょっと上手かった、という自惚れのみで、彼女が美大を志すところから始まる。

既にこの時点で何となく読める展開であろうが、そんなに美大も漫画家への道が甘いはずもなく。。。

のちの恩師となる絵画教室の日高先生と出会い、強面な(実際にとても恐い)先生に罵られた彼女は、己の実力を悟る。

そんな井の中の蛙だった東村アキコ(高3)が、日高先生にシバかれながら一歩一歩夢を叶えていくのだ。

漫画家を志す者にとって、この漫画はバイブルになる。

それはただ「漫画家の物語」だから、というわけではない。

漫画家になるための精神論的な要素はもちろん、それだけでなく美大や漫画家になるために踏むべきステップやその難関具合、細部のディテールまで丁寧に解説しているからだ。

無論、漫画家を目指していない人にとっても「そうなんだ!」という発見、面白さに満ちている。

人物の感情表現は大胆かつコミカルなテンポで描かれ、実際の美大入試や連載を獲得するまでの過程は丁寧に詳細に描かれる、そのバランスが心地よい。

そして何より、かくかくしかじか夢を追う者を励まし勇気づけパワーを分け与えてくれるような漫画である。

スポンサーリンク

『かくかくしかじか』の魅力② 恩師との師弟愛に、とにかく泣ける!

かくかくしかじか』は、全5巻を通して漫画家・東村アキコと、絵画教室教師・日高先生との「師弟愛」を描いている。

美大受験を前に絵画教室に通うようになったアキコは、まず日高先生のスパルタ教育に戦慄する。

彼女の視点から見た先生との出会いは、決してポジティブな記憶ではなかった。

しかし無愛想に見える先生が、月謝を増やすことなくアキコのレッスン回数を増やしてくれたことや、仮病で教室を休もうとしたアキコを本気で心配し、帰り道をおぶって運んでくれたことなど、先生の生徒想いな優しさに触れるに連れ、アキコも先生の期待に応えんと努力するようになるのだ。

「師弟関係」とは、家族とも友人とも恋人とも違う、なんだか微妙なぎこちなさがある。

素直になれないがために、多くのすれ違いを生みながら、それでも心のどこかで繋がっている。

だからこそ、ふとした時に感じる愛情やさりげない信頼に、胸が温かくなるのかもしれない。

特にラスト5巻は、きっと泣いてしまう、じんわり沁みる展開になっている。

スポンサーリンク

『かくかくしかじか』の魅力③ ギャグエッセンス満載!

しんみりとするだけが『かくかくしかじか』の魅力ではない。

それどころか、基本はハイテンションでコミカルなテンポだ。

(東村アキコの他の作品を読めば、そのギャグセンスの高さとタッチの面白さが分かるだろう。)

アキコの自惚れや、絵画教室の日常など、ギャグエッセンス満載に描かれており、思わず笑ってしまう。

特に日高先生のスパルタ教育は、控えめに言って、ヤバい。

単純に「面白さ」だけで見ても、一読の価値あり。

スポンサーリンク

『かくかくしかじか』 ネタバレ・レビュー まとめ

漫画『かくかくしかじか』には、数々のヒット作を世に送り出し続ける天才漫画家・東村アキコの原点、そして努力の軌跡が凝縮されている。

しかも、その道のりの険しさを説教がましく伝えるのではなく、1つの笑って泣ける物語として、読ませているところが、やはり天才的である。

漫画家志望の方も、そうでない方も、読めばきっと自己実現の原動力となるはずだ。

完結全5巻、全力でおすすめする。

▼無料立読みはこちら▼

かくかくしかじか

スポンサーリンク

「かくかくしかじか」 基本情報

作者:東村アキコ
雑誌:ココハナ
巻数:全5巻(完結済み)
その他関連作品:特になし

▼無料立読みはこちら▼

かくかくしかじか

スポンサーリンク

オススメ漫画ネタバレ・レビュー

完結しているオススメサッカー漫画ベスト5

【個性と個性のぶつかり合い】 漫画「僕のヒーローアカデミア」(堀越耕平)レビュー

【細胞レベルで擬人化しちゃった!?】「はたらく細胞」 ネタバレ・レビュー

コメント