ブログ初心者は真似をしてから個別カスタマイズしよう

こんにちは、趣味ブログで3,000記事、いや、アメブロ時代とか他のブログも合わせると5,000記事くらい書いていて、今のブログでも30記事書き終えたのに初心者ブロガーを卒業出来ないおかもん(@okamon_happy1)です。

今日は色々な有名ブロガーさんが提唱するブログ初心者はまずは真似しようという話について書きたいと思います。

 

成功者の真似をすることはとても良いこと

プロ無職のるってぃさんもこんな感じでパクる(真似する)ことは重要って言ってます。

https://twitter.com/rutty07z/status/888930320254328833?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Frutty07.com%2Fentry%2Fmake-money-matome%2F

人気ブロガーの沖ケイタさんも言ってます

つまり、真似ることって凄く良いことなんです。

ただ、真似るのにも少しだけコツがあります。

本文を真似しても同じ人間性があるわけではないので全く意味がないですし、コピペした場合はただのコピーコンテンツとして価値が全くないものになります。

大事なのはその人がどんな意図でその行動をしているかを理解した上で構成・フレームを真似ることです。

どんな意図があるのかを理解していれば、個別カスタマイズする場合でも肝となる部分を変えてしまうようなことにはならないので、大事なところを残しつつオリジナルなものに出来ると思います。

 

■意図を理解した上での構成・フレームを真似てみたの具体例(経験談)

3,030記事書いても、いや、5,030記事書いても初心者を脱却できないおかもん(@okamon_happy1)が実践してみました。

例えば、Twitterで言葉を言い切り型にする、賢いことのみ呟こうという最近では色々なところで見かけるTwitter攻略法があります。

これ、初心者ブロガーがそのままやると失敗します。

なぜなら、何かを強く言い切ったところでその人のツイート履歴やブログに力強い言葉を信頼する裏付けがないから、みんな信用をしてくれません。

そう考えたので、私は自分が初心者であるということを前面に出して勉強していく姿勢、色々なことを柔軟に吸収して早く動く姿勢を前面に押し出しました。

ただ、時には言い切ることで信頼が得られるメリットもあるので、自分の中で自信があるものは言い切るということでメリハリをつけるようにしました。

後は自分のキャラ的に言い切り型の強いキャラは無理があるなと思ったのでやりませんでした。

勿論、強いキャラで普段ふるまっている人は最初からごり押しで言い切り型をやり続けるというのもキャラとしてはありです。

賢いことのみを呟くも実験してみた結果、少し変えました。

賢いことを呟く先人ブロガーは一杯います。

それに比べて初心者の自分が対抗するのは難しいので、賢い言葉を親しみやすい言葉で書く、自分の経験を例に出して書くようにしました。

また、色々な人と交流をしたいので、緩い言葉も気にせず使い、気になる話題なら雑談も参加するようにしています。

今のところ、自分の中でのブランディングイメージはは初心者だけど、色々なことに首を突っ込んでて、呟き多めの親しみやすい人と考えています。(まあ、みんなからの評価は違いそうだけど)

 

まとめ

成功している人を真似ることは非常に良いことですが、闇雲に真似るのではなく、成功している人が何を考えて行動しているのか、意図を理解すると真似るのが上手くなります。

真似るのが上手くなると、自分に合った真似の仕方が出来るようになるのでオリジナリティを出すことが出来るようになります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

おかもん@会社辞めたい

「ブログとゲームで食べていくこと」を目標に活動中アラフォーブロガー。 現在は脱サラの準備とブログ・Twitterの育成に注力。 CaptainJackさん主催の伸びシロサロン所属。 WCCFというサッカーゲームに夢中!WCCFブログあんてなという300ブログが参加するまとめサイトとブログで毎月50万PV・5万円の収益