「アウトプットが苦手」を克服する方法

オフ会で意識すること

こんにちは、おかもん(@okamon_happy1)です。

今日は情報を自分のものにするために非常に有効なアウトプット。

そのアウトプットが苦手という人が多いので「アウトプットが苦手」を克服する方法について書きたいと思います。

なぜ、アウトプットが苦手なのか?

苦手

まずは、なぜアウトプットが苦手なのかについて書いてみます。

 

インプットが苦手

アウトプットが凄く苦手な人に共通するのはインプットが上手くないということ。

今までの過ごし方にも起因していて、インプットが苦手な人は本を読む習慣がなかったり、ニュースを見る等のインプットに繋がるアクションが少ない傾向があります。

これを克服するためには読書する、ニュースを見る等が一般的ですが、何も真面目な本を読むとかニュースを見るだけが正解ではありません。

インプットの方法は人によって違うので、興味があることの本でもウェブサイトでも良いですし、YouTubeの動画でもよいと思います。

とにかく情報を仕入れる回数を増やすことが重要です。

私の場合は文字を読むと頭に入ってくるので、読書とウェブサイト閲覧がメインです。

後、スマホで動画を流しながらTwitter見ながら通勤とかもしてます。

動画は流してるだけで聴くのがメインですが、音声から割とインプット出来たりします。

 

周囲の意見を上手く吸収出来ない

インプットが苦手の1種類とも言えますが、自分の意見への思いが強すぎて周囲の意見を上手く吸収出来ない人もいます。

基本的には自分の意見だけでなく、多数の意見を上手く吸収できたほうが視野が広がり良いアウトプットに繋がります。

質の高いアウトプットをするためにまずは周囲の意見に耳を傾けて自分の意見との比較を行い、「どこに差があるのか?」「共通点は何なのか?」を洗い出してみましょう。

これが出来れば自然とアウトプットに繋がっていきます。

 

アウトプット経験が少ない

次に多いのがアウトプットの回数が単純に少ないこと。

英語を最初からペラペラに喋れる日本人がいないのと一緒で徐々に慣れていくことで上手くなります。

経験を増やすというのは、最初からみんなの前でプレゼンする必要はなくて、

インプットした情報をTwitter呟く、インプット自体をTwitterでして引用RTするだけでも良いです。

ブログで書いてみたり、動画で喋ってみる、知り合いに話すのも良い練習になります。

自分に合った方法でアウトプットしてみましょう。

 

悩みすぎてアウトプット出来ない

結構多いのが「上手く伝えられるかな?」「変なアウトプットだったらどうしよう」と悩んでるうちにアウトプットする一歩が踏み出せないパターン。

このタイプの人は上手くアウトプットしたいという願望が強く、悩みすぎ、考えすぎてしまう傾向があります。

【アウトプット経験が少ない】でも書きましたが数をこなさないと、なかなか上手くアウトプットは出来ませんので、まずは深く悩まずに一歩を踏み出すことが大切です。

 

周囲の反応が気になってアウトプット出来ない

【悩みすぎてアウトプット出来ない】に共通しますが、

「上手く伝えられるかな?」⇒周りに変な目でみられるかも・・・

「変なアウトプットだったらどうしよう」⇒自分の情報が間違ってたらどうしよう・・・

こんな感じでネガティブに捉える人が多いですが、

「上手く伝えられるかな?」⇒イイねが付いたりポジティブな反応が得られたりするかも

「変なアウトプットだったらどうしよう」⇒もっと良い意見がもらえるかも!

という感じでポジティブに捉えてとにかく1歩踏み出すことが重要です。

 

アウトプット方法はTwitterが良い

アウトプットが苦手という人が意識して使うと良いツールはTwitterです。

ブログで1,500文字とかをいきなり書くのは大変です。

それに対してTwitterは140文字以内とお手軽な文字数ですのでアウトプットを簡単にすることが出来ます。

最初は引用RTで誰かが発信しているアウトプットに自分の意見を添える形で行い、慣れてきたら自分の言葉でアウトプットすると良いです。

引用RTは出来るだけ100文字以上の文章で自分の意見を書くと良い練習になります。

自分の言葉でアウトプットする時は過去に自分がイイねした呟きなんかも参考に考えると良い感じのアウトプットが出来ます。

参考にしてアウトプットする時に意識することは言葉をパクるのではなく、思考をパクること、言葉は自分で考えないと永遠にアウトプットは上達しないので、そこを意識すると良いと思います。

 

「アウトプットが苦手」を克服する方法まとめ

克服

「アウトプットが苦手」を克服する方法をまとめてみました。

 

インプットの段階からアウトプットを意識する

読書する本を選ぶ時・読んでるとき、ニュースを見てる時、友達と話してる時、情報をインプットしている段階からアウトプットを意識すると質の良いインプットが出来ます。

 

メモを取る

人間はすぐに忘れてしまう生き物なので、思いついたらすぐにメモを取りましょう。

ノートでも良いし、スマホのメモ機能でも良いです。

思いついた瞬間にメモを取ることが重要です。

その際に出来るだけ項目だけでなく、詳細、特に感じた時の感覚をメモしましょう。

・参考までにこの記事を書くときのメモ

私はこの記事を書くときに「インプットが好き⇒アウトプット苦手を克服」とメモしました。

最初はインプットが好きから入りましたが考えてるうちにアウトプット苦手克服の方が需要がありそうだなと思ったのでそのままメモしました。

メモをすることで頭の中を整理することも出来るのでそういった点でも必ずメモをする習慣を付けると良いです。

 

アウトプットを量産する

友達に話すでも良いし、ブログに書くでもよいです。とにかくアウトプットする習慣を付けて数をこなしましょう。

私は「今日の学び」という形で1日の終わりに必ずインプットした情報をまとめてTwitterに書く習慣を付けています。

これで最低でも毎日1回はアウトプットを行うので、アウトプットが徐々に上手くなります

毎日アウトプットを行い、習慣化することでアウトプットの質は高まるので定期的にアウトプットをする習慣を付けるのは非常に大事です。

 

誰かのアウトプットを真似る

アウトプットの苦手を克服するにはとにかくアウトプットの数をこなすことが大切ですが、最初は数をこなしたくてもなかなか出来ないという人も多いと思います。

そんな人におすすめなのが誰かのアウトプットを真似することです。

勘違いしないで欲しいのですが、誰かの呟きをコピペしろというわけではありません。

誰かから聞いた話やニュースやブログで見た記事を要約して呟いたりするのです。

ゼロから考えるのではなく、誰かが考えたことを自分の言葉に言い換えてアウトプットすると良いです。

 

後書き

こんな感じで日々の生活からアウトプットを意識して生活すると徐々にアウトプットが上手くなります。

私も勉強中ですが、積極的にアウトプットしていきたいと思います。

 

ブログのネタを見つける方法まとめてます

ブログネタを見つける方法をまとめてみました。

 

関連記事

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

おかもん@会社辞めたい

「ブログとゲームで食べていくこと」を目標に活動中アラフォーブロガー。 現在は脱サラの準備とブログ・Twitterの育成に注力。 CaptainJackさん主催の伸びシロサロン所属。 WCCFというサッカーゲームに夢中!WCCFブログあんてなという300ブログが参加するまとめサイトとブログで毎月50万PV・5万円の収益