【心を揺さぶる感動ストーリー】『ピアノの森』(一色まこと) ネタバレ・レビュー

ピアノの森 ネタバレ 漫画
スポンサーリンク

ピアノの森』は2007年に映画化、2018年にアニメ化されたのでその名前を聞いたことがある方も多いのはないでしょうか?

森に捨てられたピアノと一緒に育った少年がピアニストとなるまでを描く感動超大作です。

著者は『花田少年史』でもおなじみの一色まこと先生です。

▼無料立読みはこちら▼

ピアノの森

スポンサーリンク

『ピアノの森』 あらすじ

森のピアノは、その少年を待っていた――。捨て去られたピアノ。壊れて音の出ないピアノ。いま、ひとりの少年の選ばれた指が、失われた音を呼び覚ます。少年の名は一ノ瀬海(いちのせかい)。彼は心に深く豊かな森を抱えていた。

引用元:ピアノの森(ebookjapan)

▼無料立読みはこちら▼

ピアノの森

スポンサーリンク

『ピアノの森』のみどころ①主人公の才能と境遇

誰よりもピアノに愛されているのに、ピアニストになることを許されない環境に生まれてしまった『ピアノの森』の主人公・海。

聴く者の心を揺り動かすそのピアノとどんな苦難にもまっすぐに向かっていくその姿、理不尽としか思えない劣悪な環境の中でピアニストになることを目指す主人公・海の戦いをぜひとも読んで欲しい。

スポンサーリンク

『ピアノの森』のみどころ②恩師、好敵手との関係

ピアノの森』には印象に残る登場人物がたくさんいます。

恩師 元天才ピアニスト阿字野壮介

現役時代は日本のピアノコンクールを総なめにした元天才ピアニスト、阿字野はカイの恩師であり森のピアノの持ち主です。

最初こそ自分が捨てたピアノを弾ける海に興味を持ったところから始まりますが、師弟を超えてまるで親子のようにお互いに与え合う関係に感動します!

好敵手 雨宮修平

主人公カイの友人であり好敵手。

ピアノに愛された所謂天才型の海と対照的に努力型の秀才。

海のピアノに魅せられ、時に嫉妬し、敵対視し、最後には互いに好敵手となる二人の関係の変化に感動します!

スポンサーリンク

『ピアノの森』のみどころ③アニメだけでは描き切れなかった濃厚なストーリー

ピアノの森』をアニメを観たからいいや、とお思いのアナタ、それは間違いです。

アニメで面白かったと思ったなら尚のことマンガも読んで欲しい。

幼少期からショパンコンクールに至るまでのカイの成長、雨宮とのライバル物語、阿字野の失意のストーリーからカイとの出会い等、アニメでは詳細に描かれなかったストーリーが漫画では描かれています。

ピアノの森』は漫画で読むと心を揺さぶられる感動ストーリを一層感じることが出来ます!

スポンサーリンク

『ピアノの森』 ネタバレ・レビューまとめ

ピアノの森』は一人の少年がピアニストになるまでを描くサクセスストーリーです。

細やかな描写、たくさんのキャラクターたちが折り重ねる重厚なストーリー。

感動するマンガとして是非とも読んで欲しいオススメマンガです!

▼無料立読みはこちら▼

ピアノの森

スポンサーリンク

『ピアノの森』 基本情報

作者:一色まこと
雑誌:モーニング
巻数:全26巻(単行本)※完結済
その他関連作品:特になし

▼無料立読みはこちら▼

ピアノの森

スポンサーリンク

オススメサービス

とにかく、暇な時間に漫画を読みたいという人にはAmazonの「Kindle Unlimited」がオススメです。

約30,000冊以上の漫画が読み放題です。

更に大量の書籍も読み放題となっています。

しかも、価格は月額980円で最初の30日間は無料で読み放題です!

\30日間限定、無料読み放題!/

スポンサーリンク

オススメ漫画ネタバレ・レビュー

完結しているオススメサッカー漫画ベスト5

【個性と個性のぶつかり合い】 漫画「僕のヒーローアカデミア」(堀越耕平)レビュー

【細胞レベルで擬人化しちゃった!?】「はたらく細胞」 ネタバレ・レビュー

コメント