通勤時間を有効活用する方法3つと短くする方法4つ教えます

通勤時間 オピニオン
スポンサーリンク

こんにちは、仕事中に仕事してるふりしてSEO対策についてお勉強しているおかもん(@okamon_happy1)です。

仕事と言えば仕事かも、一応、役には立つし。

今日は通勤時間がつらい、体力の限界という人に通勤時間を有効活用する方法3つと通勤時間を短くする方法4つを教えたいと思います。

ちなみに、私も先日、通勤ラッシュに久しぶりに遭遇しました。

その感想は

Twitter

 

感想は一言で言えば最悪でした。

そんな体験をしたので、通勤時間が最悪な理由と有効活用する方法、また、長い通勤時間を短くする方法をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

通勤時間がつらい・限界と思ってしまうほど最悪な理由5つ

つらい

通勤時間がつらい・限界と思ってしまうほど最悪な理由を5つにまとめてみました。

  1. 通勤時間が勿体ない(通勤時間が無駄)
  2. ストレスが半端ない
  3. 健康面で大きなマイナスがある
  4. 混雑した通勤電車内でトラブルに巻き込まれるリスクがある
  5. 混雑により命の危険もある

 

1.通勤時間が勿体ない(通勤時間が無駄)

毎日往復2時間かけているのであれば、週に10時間、1ヶ月に40時間以上、1年間で500時間以上を無駄にしています。

もし、1ヶ月の通勤時間40時間が無かったら何が出来ると思います?

ゲーム1本クリア出来たり、映画が20本見れたり、連ドラが3本くらい1話から最終話まで見れたりしますよ。

ヤバくないですか?

物凄い無駄ですよね!

 

2.ストレスが半端ない

知らない人と密着して狭い空間に詰め込まれるというのはとても大きなストレスを発生させます。

BBCが11月30日に報じたところによると、この調査では、臨戦態勢の戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも、

会社に通勤する人の方が強いストレスを感じるとの結果が出たという。

通勤ラッシュによるストレスは戦場以上

CNET Japanより引用

戦場よりストレスが溜まるとかヤバいですね!

 

3.健康面で大きなマイナスがある

電車の中は空気が濁っており、たくさんの人が乗っています。

その中に風邪を引いている人がいれば移されるかもしれません、インフルエンザや空気感染する感染症の人がいれば・・・

テロといっても過言ではない環境ですね。

 

4.混雑した通勤電車内でトラブルに巻き込まれるリスクがある

男性の場合、混雑している通勤電車で一番恐れなければいけないトラブルは痴漢冤罪です。

間違われて捕まったら一生を棒に振る可能性すらあります。

女性の場合は痴漢されるかもというのは当然リスクになります。

そうじゃなくても、見知らぬおじさんと体が密着する時点で不快でしかないですけどね。

更に、遅い時間になると酔っ払いに絡まれる可能性もあります。

週末の終電なんかは本当に最悪で明らかにフラフラしている酔っ払いとかも乗っていますので、

混んでるだけで戦場以上なのに、酔っ払いまで紛れ込んでたらどんなレベルのストレスなのでしょう?

こんな感じで終電もすこぶる最悪です!

 

5.混雑により命の危険もある

これはホームが狭い駅での話ですが、新宿とかたまに混みすぎていてホームから落ちる人とかいるんですよね。

落とされたといった方が正確かもしれませんが、ホームってかなり高さがあるので、打ち所が悪ければ骨折とかもあり得ます。

もし、電車が来たらと思うとゾッとします。

 

スポンサーリンク

通勤時間を有効活用する方法3つ

通勤時間を有効活用

こんな最悪な通勤時間ですが、有効活用する方法を3つにまとめてみました。

  1. ブログを書く
  2. 読書をする
  3. 仕事をする

 

1.ブログを書く

スマホ1台あれば記事を書くことは出来るのでブログを書くのはおすすめです。

サイトやTwitterを見て情報収集するのも良いですし、集めた情報をTwitterなんかで発信するのもおすすめです。

 

2.読書する

本を読むスペースくらいは空いてることもあるので、悪くないかなと思います。

昔は新聞を読むとかありましたが、そんなスペースはないので止めましょう。

読書も電子書籍であればスマホ1台で読めますので、よりスマートに読むことが出来るので電子書籍で読書はおすすめです。

 

3.仕事をする

個人的には全く推奨しないですが、仕事の段取りを考えるとか、スマホで資料をチェックするとか出来なくはないです。

メールをチェックするなんかも出来ます。

ただ、給料がもらえたりするわけではないので、個人的には全くおすすめしません。

 

スポンサーリンク

長い通勤時間を短くする4つの方法

通勤時間短縮

会社と相談する必要があるものも含めて、通勤時間を短くする方法が4つあります。

  1. 引っ越しする
  2. フレックスで通勤時間をずらす
  3. リモートワークを取り入れる
  4. 週休3日制に変える

 

1.引っ越しする

これは単純明快、会社の近くに住めば通勤時間が短くなるよ、という話。

ただ、家族がいたりすると難しいですし、心理的にも会社から徒歩5分とか社畜感が全開で嫌だなと個人的には思います。

 

2.フレックスで通勤時間をずらす

割と良くあるのはフレックスを利用して出社時間を遅くすることです。

私は10時出社ですが、電車はかなり空いているので、もし、フレックスなら固定観念に捉われずに勤務時間をずらすことをおすすめします。

ちなみに、12時出社くらいまでずらせると電車はガラガラです。

 

3.リモートワークを取り入れる

いわゆる自宅勤務というやつです。

IT系の会社であれば、ノートパソコンとスマホがあれば基本的に不可能ではないと思います。

徐々に増えていますので、転職の際なんかは自宅勤務可能な会社を探すのも有効な手だと思います。

 

4.週休3日制に変更する

こちらは更に進んでいて、週休3日制の会社というのがあります。

仮に毎日往復2時間なら週休3日制になれば、毎週2時間、毎月10時間くらい通勤時間が短縮されます。

こちらは取り入れている会社は少ないですが、これから増えてくるのではないかと思いますので、転職の時にチェックするのも良いかと思います。
[aside]関連記事
週休3日制度のメリット・デメリットと注意すべき点
[/aside]

 

スポンサーリンク

まとめ

通勤時間がいかに最悪なものなのか、また、有効活用する方法、短くする方法をまとめました。

基本的に通勤すること自体が嫌いな私の視点でまとめていますが、参考にしていただけると幸いです。

通勤時間無くなると良いな~。

[aside]オススメオピニオン記事①
パワーナップという名のお昼寝に注目してみた!
[/aside]

[aside]オススメオピニオン記事②
鼻水を止める方法を試してみた結果わかった、最も使える緊急対策3つ
[/aside]

コメント