【夢と浪漫の物語】「我らコンタクティ」 (森田るい) ネタバレ・レビュー

我らコンタクティ ネタバレ 漫画
スポンサーリンク

「宇宙で映画を上映する」。

そんな無謀すぎる夢を、濁りない目で語る彼らの姿に、浪漫を感じずにはいられなかった。

1巻読み切り漫画「我らコンタクティ」(森田るい)。

「マンガ大賞2018」において第2位に輝いた注目作である。

繊細な感情の揺れと、途方もない夢、何かを追い求める青春、淡いものがたっぷり詰まった物語を紹介したい。

▼無料立読みはこちら▼

▼無料立読みはこちら▼

スポンサーリンク

「我らコンタクティ」 あらすじ

冴えない会社員をしているカナエは、小学校時代の同級生中平かずきと再会する。彼はナゼか一人でロケット開発をしていた。かずきの驚くべき目的を知り、カナエは思わず脱力! だけど、二人は一緒にロケット開発をすることに!カナエとかずきが小学校の時に見たUFOも絡み、思いもよらぬ方向へ物語は進む! いくつかの短編漫画をアフタヌーン誌上に発表し好評だった森田るい氏が満を持して放つ初長編漫画!

引用元:我らコンタクティ(ebookjapan)

▼無料立読みはこちら▼

▼無料立読みはこちら▼

スポンサーリンク

「我らコンタクティ」注目ポイント①凹凸のコンビだからこそ、不思議な化学反応が起きる

小学校の頃、特に仲良くもなくほとんど関わってこなかったカナエとかずき。

この2人の偶然の再会を機に、壮大なプロジェクトは走り出す。

かずきは、一言で言えば寡黙な性格でクラスでは変わり者的な存在だったことが伺える。

(実際、宇宙へ飛ばすロケットの開発をしている時点で、変わっているといえば変わっている)

そんなかずきに対して、カナエは学校でも普通に立ち回り、誰もが歩むような平凡な道を選んだようなタイプだ。

2人が再会した際に交わした会話の噛み合わなさやテンポの違いが、その凹凸具合を物語る。

しかし、凹凸だからこそ始まる何かもあるものだ。

カナエはかずきが宇宙へ飛ばすロケットを開発していることを聞き、最初こそバカにしていたものの何故か興味を持ってしまう。

さらには、かずきがこのロケットに映写機とフィルムを積んで「宇宙で映画を上映したい」と語るのを聞き、呆れ笑いをしながらもその夢にのめり込んでいくのだ。

訳の分からない、途方もない夢に、どうしても惹かれてしまう瞬間。

この2人だからこそ、どうしてか立ち上がったプロジェクトなのだ。

スポンサーリンク

「我らコンタクティ」注目ポイント②多くを語らないからこそ引き立つ情熱

かずきの情熱に触発され、カナエも会社を早々にダッシュでかずきの工場へと向かうようになる。

我らコンタクティ」の良いところは、一心不乱な宇宙への情熱が、かずきの行動から伝わるところである。

前述の通り、かずきは寡黙だ。

寡黙だから、壮大な夢であっても多くを語らない。

しかし言葉で語らないからこそ、並々ならぬ宇宙への情熱・執念が余計に伝わってくるのだ。

後半にかけて宇宙へのプロジェクトは加速度を増してゆく。

かずきとカナエは無謀な挑戦と分かりつつも、何かに突き動かされるようにひた走る。

夢を抱くことの素晴らしさが、全力疾走する2人の姿から溢れ出している。

と同時に、それを実現させるのは、底なしの情熱でしかないことを教えてくれるのだ。

スポンサーリンク

「我らコンタクティ」注目ポイント③絵が醸し出す独特の世界観

我らコンタクティ」のもう一つの魅力は、その独特なタッチの絵である。

宇宙で映画を上映するという破天荒な設定だからこそ、この味のあるタッチが生きるのかも知れない。

癖になる不思議な魅力を醸し出している。

時折描かれるダイナミックな構図も、新鮮で面白い。

スポンサーリンク

漫画「我らコンタクティ」 ネタバレ・レビュー まとめ

我らコンタクティ」は1巻読みきりで読みやすく、その世界観は淡い浪漫で満たされている。

今までに感じたことのない、胸が高鳴るような感覚だ。

しばらく癖になってしまうほど、素晴らしい作品である。

我らコンタクティ」、ぜひ読んでみて頂きたい。

▼無料立読みはこちら▼

▼無料立読みはこちら▼

スポンサーリンク

「我らコンタクティ」 基本情報

作者:森田るい
雑誌:アフタヌーン
巻数:連載中
その他関連作品:

▼無料立読みはこちら▼

▼無料立読みはこちら▼

スポンサーリンク

オススメ漫画ネタバレ・レビュー

【伏線だらけ!超傑作ダークファンタジー!】『約束のネバーランド』 ネタバレ・レビュー

【個性と個性のぶつかり合い】 漫画「僕のヒーローアカデミア」(堀越耕平)レビュー

【細胞レベルで擬人化しちゃった!?】「はたらく細胞」 ネタバレ・レビュー

コメント