WCCFの大会について

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)こと、おかもん(@okamon_happy1)です。

今日はWCCFの大会について書きたいと思います。

色々な大会がありますが、大きく分けるとSEGA主催の公式大会とユーザーやお店が開く野良大会にわけられます。

 

 

公式大会とは

WCCFの大会と言っても色々な種類がありますが、最も有名なのはSEGAが毎年開いている「WCCF CUP WINNER’S CUP」、通称、公式大会です。

近年はU-5NEW8のレギュレーションで毎年秋~冬にかけて店舗エントリーイベント、店舗予選大会、エリア大会、全国決勝と3~4ヵ月に渡る長丁場、WCCF界最大の大会となっています。

WCCFプレイヤーの間ではこの大会での実績がひとつのステータスともなっています。

 

SEGAが主催するイベント大会「篠田麻里子オータムカップ」

最近では「篠田麻里子オータムカップ」なんかもSEGA主催で開かれる予定となっています。

こちらは今年の秘書に選定されている篠田麻里子さんを活用したイベント大会となっています。

「篠田麻里子オータムカップ」の詳細はこちら

 

ユーザー、お店が開く大会

上記のSEGA主催の大会以外にもユーザーやお店が開く大会があります。

ユーザーが開く大会で身近なものを紹介すると、

私がAtlesさんと一緒に開催を計画している「WCCFブログあんてな杯」やヒッキーさんが主催で12月に開催される「ニコセツ杯」、ぬくぬくさんが開催する「ぬくぬく杯」なんかがあります。

ちなみに12月に大阪で開催されるニコセツ杯は出場を予定しています。

ニコセツ杯出場記事はこちら

他にもお店が開く大会で蹴球の瀧さんが開催している「蹴球の瀧杯」なんかもあります。
こちらは毎月開催されており、私も何回か参加させていただいております。

勿論、それ以外にもたくさんの大会が開かれています。

 

WCCFにおける大会の意味とは

WCCFにおける大会の意味について書きます。

私はWCCFにおける大会の意味は強さを競うわけではなく、交流に意味があると思っています。

WCCFはカードを集めて対戦するゲームであり、強さを競う要素はあるものの、他のアーケードゲームのように強弱が明確に出るゲーム性ではありません。

初心者が全国王者に勝つ可能性もあるゲームですので、強さを競うのにはあまり向いてないと言えます。

そんなゲームで大会を開く意味というのは交流に尽きると思います。

数千枚のカードの中から16枚を選んでチームを組むゲーム性もあり、チームは十人十色、本当に多彩なチームがいます。

そのオリジナルなチームを見せ合ったり、語り合う交流こそこのゲームの真骨頂だと思います。

そんな交流の一部が大会で、遠方の見知らぬプレイヤーと仲良くなるきっかけが大会です。

 

まとめ

大会はプレイヤーを繋げる大切なイベントです。

公式大会もありますが、初心者もどんどん参加出来るような大会も増えて欲しいなと思っています。

私が開催するWCCFブログあんてな杯は初心者も大歓迎ですので、是非ともご参加ください。

WCCFブログあんてな杯参加希望はこちら

告知動画もあります

WCCFブログあんてな告知動画はこちら

PVもあります

WCCFブログあんてな杯 PV第1弾

 

注目情報

大会参加希望の方はリンク先にてコメントでお願いします。

WCCFブログあんてな杯のお知らせ

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

おかもん@会社辞めたい

「ブログとゲームで食べていくこと」を目標に活動中アラフォーブロガー。 現在は脱サラの準備とブログ・Twitterの育成に注力。 CaptainJackさん主催の伸びシロサロン所属。 WCCFというサッカーゲームに夢中!WCCFブログあんてなという300ブログが参加するまとめサイトとブログで毎月50万PV・5万円の収益