【伏線だらけ!超傑作ダークファンタジーを徹底考察!】『約束のネバーランド』 ネタバレ・レビュー

約束のネバーランド ネタバレ 漫画
スポンサーリンク

2018年を代表するといっても過言ではない、ダークファンタジー漫画がある。

 

「マンガ大賞2018」第11位

「第3回次にくるマンガ大賞」コミックス部門2位

「第63回小学館漫画賞」少年向け部門ノミネート

 

「このマンガがすごい!2018」オトコ編の第1位に輝いたことをはじめ、上記のそうそうたる漫画賞を獲得した超大作ファンタジー漫画

 

約束のネバーランド白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)

 

2019年1月より「ノイタミナ枠」でアニメ化放送がスタートしており、放送と同時にAmazon Prime でも独占配信がされている、今最も注目すべき漫画の1つである。

Amazonプライムは30日間無料体験出来るので、まずは登録して観てみるのもオススメです。

30日間無料体験出来る
Amazonプライム」はこちら

▼今すぐ無料立読み▼

約束のネバーランド

スポンサーリンク

「約束のネバーランド」 あらすじ

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

引用元:約束のネバーランド(ebookjapan)

このあらすじにある「真実」。

それは、孤児院の外の世界は鬼が支配しており、孤児院は人を食す鬼のために作られた家畜小屋だったということ。

ここで暮らす孤児たちは、時期が来たら鬼に殺され出荷される運命なのだ。

その真実を知った子どもたちは、彼らを欺き愛情を注ぐ振りをしてきたママ(飼育員)と対峙し、脱出する作戦を考える、というスリル満点の物語だ。

スポンサーリンク

「約束のネバーランド」の魅力①相手の裏の裏をかく頭脳戦・心理戦がスゴい!

約束のネバーランド一番の魅力は、なんといっても緊迫した頭脳戦・心理戦である。

鬼に食われるために飼育されていた食肉だと知ったエマをはじめとする孤児たちは、収穫される前に孤児院(グレイス=フィールド(GF)ハウス)から逃げ出すべく、飼育員であるママの目をかいくぐり脱走する計画を企てる。

ただ、ママもかなりの頭脳派、容易に逃してはくれないのだ。

脱走計画の中心は、この物語の主人公であるエマ。

戦略的思考力に長けたノーマン。

そして、現実主義で博識のレイ。

この3名は、孤児院の年長者であり、頭脳もピカイチのものを持っている。

この3名vsママの頭脳戦は、まるで『デスノート』を連想させるほど、深く緻密に計算されており、読者である我々を欺き続ける展開が面白い。

スポンサーリンク

「約束のネバーランド」の魅力②超ファンタジーなのに、圧倒的リアリティー

約束のネバーランドのスゴいところは、ファンタジー色の強い設定であるのにもかかわらず、読者にまるでこの世界が現実に起こっているかのような圧倒的リアリティー、臨場感を与えていること。

テンポの良いセリフ、緊迫感が伝わる間や表情、その世界観を構成する要素が精巧に作り込まれており、見る者を釘付けにする。

また、ただ子どもたちが鬼から逃げるというだけでなく、孤児院の仲間たち全員で逃げ切るべく皆が結束する友情が描かれている点も、現実世界との共通項でありリアルに感情移入できる要因ともなっている。

「少年ジャンプらしくない」という意見も目立った本作であるが、仲間との友情を熱く描く部分においては、むしろ王道の少年ジャンプ漫画だと言えるだろう。

スポンサーリンク

「約束のネバーランド」の魅力③絵が瑞々しく美しい!

そして、このダークファンタジーの魅力を語る上で、作画の美しさに言及せずにはいられない。

約束のネバーランドの作画を担当しているのは、出水ぽすかさん。

pixivでイラストを描き、その絵の上手さで名を馳せていた人物である。

その瑞々しく美しい絵は一度見た者を虜にして離さない。

そしてこの絵で描かれるからこそ、約束のネバーランドの世界は、さらにリアリティーを持って動き出すのである。

スポンサーリンク

「約束のネバーランド」 ネタバレ・レビュー まとめ

約束のネバーランド10巻以上連載している長編漫画だ。

しかし、一度読み始めたら最後、既刊を読了するまでページをめくる手が止まらないはずだ。

(少なくとも筆者はそうだった)

 

孤児院から始まった物語は、さらに大きな広がりをみせており、子どもたちの冒険は今後どんな展開へと転がっていくのか楽しみである。

それまでの流れ、考察から様々な展開を予想するのだが、良い意味でそれを裏切ってくるのが、この漫画のスゴいところ。

まずは一度手にとってみて頂きたい。

▼今すぐ無料立読み▼

約束のネバーランド

スポンサーリンク

「約束のネバーランド」 基本情報

作者:原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか
雑誌:週刊少年ジャンプ
巻数:連載中
その他関連作品:約束のネバーランド ~ノーマンからの手紙~

▼今すぐ無料立読み▼

約束のネバーランド

スポンサーリンク

オススメ漫画ネタバレ・レビュー

完結しているオススメサッカー漫画ベスト5

【個性と個性のぶつかり合い】 漫画「僕のヒーローアカデミア」(堀越耕平)レビュー

【細胞レベルで擬人化しちゃった!?】「はたらく細胞」 ネタバレ・レビュー

コメント